採用情報

社員の声

システム営業部所属
2015年4月入社(3年目)

お客様が本当に必要としているものを提供する仕事。
実現できたときのお客様の喜びが
自分自身のやりがいになります。 


―プロシステムを選んだ理由は?
周囲に大手志向の友人が多かったこともあり、就活をはじめたばかりの頃は自分も大手を受けようかなと漠然と考えていました。ちょうどそんなときに、大学主催の就職フェア(学内合同企業説明会)でプロシステムと出合いました。社長と話すうち、非常に誠実で風通しの良い会社であること、中小企業ながらも取引先は安定した大企業や公共施設が多く、自社で製品を開発している手堅い会社であるとの印象を受けました。その際、「どういう風に商品の価格を決めているんですか?」と尋ねたところ、社長から「君、視点がいいな」と言われたことで、この会社なら何か面白いことができるかもしれないという期待感が生まれました。
元々、創造的な経営を行うIT系のベンチャー企業に憧れがありました。周囲と同じように一時は大企業への就職を考えたものの、既存の大企業ではできない幅広い業務に関わりながら、社会貢献度の高い仕事ができるのはどちらかと考えたとき、選ぶべき道が見えました。
―プロシステムに入社後、どんな仕事を経験しましたか?
最初の3か月で、まずはシステムエンジニアに必要な知識、当社のソフトウェア「勤務表プロ」の製品知識を中心に学びました。並行して月に1~2回、先輩社員に同行し、営業補助や操作説明といった顧客サポート業務なども経験。その後は3か月間でプログラミング技術を練習して修得し、実際にプログラミングも行いました。お客様の要望に沿ってシステムの一部を作って納品したのも、入社1年目のことです。
2年目からは、当社製品をお使いの企業を担当し、実際に製品導入のサポート業務やご要望に応じた製品のカスタマイズを行いました。また、当社製品に興味を持たれた企業のお問合せに応じ、訪問して製品説明を行うなどの活動も始めました。
3年目となる現在は、数十人規模の福祉施設から何百、何千人もの従業員を有する工場まで、多くの企業を担当しています。パッケージ製品の提案や営業、導入サポートだけでなく、直接お客様との対話を通じてその企業独自のニーズを読み取り、ユーザーごとの詳細な条件に合わせた製品の個別パラメーターの設定まで行っています。
―プロシステムで働くことの面白さややりがいについて教えてください。
当社のシステムエンジニア(SE)やシステム営業の仕事は、お客様の「こうなったらいいな」を、ソフトウェア製品を通じて形にすること。SEだから開発だけ、営業だから製品を売るだけというような、決められた狭い範囲の仕事をするのではなく、一人の社員が裁量権を持って提案から開発まで色々な役割を担うことができるのが、当社で働く一番の面白さです。
例えば製品を勧めるときも、開発に関する知識があるほうが提案もしやすく、サービスの仕組みを作る上でのアイデアも出しやすくなります。ある企業に自分がカスタマイズした商品の実装に伺ったとき、担当者の方の「おおっ!」というびっくりした表情を目の当たりにしたことがあります。お客様が本当に必要としているものを提供するわけですから、実現できたときの喜びは非常に大きいものです。自分が手掛けた製品でお客様が驚いたり、喜ばれたりと、相手の反応に直に触れられることもこの仕事の醍醐味です。
社内的には、「こういうことをやってみたい」と自分のアイデアを言葉にすれば、どんどん挑戦させてもらえることも働く楽しみのひとつです。創造的なアイデアを出すためには、心に余裕がなければいけないというのが当社社長の持論。そのため、土日は休みを取り、休日出勤や深夜残業も基本的になし。IT業界にありがちな納期に追われたり、顧客対応に忙殺されたりといったこともありません。気持ちに余裕を持って仕事に取り組めるのもありがたいですね。
さらに経験を積んでいけば、自分の力で会社を大きくしていくやりがいも感じて行けるのではと思っています。
―失敗の経験を通じて学んだことはありますか?
サポート契約中のお客様から製品の使い方に対する問合せを受けたことがありましたが、その問合せに電話でご説明しようとしたところ、訪問して操作説明をしてほしいとの依頼を受けました。導入後の訪問技術講習は有料であることをマニュアル通りにお伝えしたところ、「完全に使いこなせるようになるまでがサポートの範囲で、こちらが必要なときに説明に無料で訪問して技術支援をしてもらえると思っていた」とお叱りを受けたことがありました。
後日、先輩と訪問して、高度な利用方法の技術講習を行い、理解を得ることができましたが、双方の認識にズレが出ないように、購入いただく前の段階でしっかりとサポート対応についてご説明することや、何もかもマニュアル通りに進めるのではなくお客様の立場に立った応対をすることの大切さを痛感しました。先輩には色々とフォローをしてもらいましたが、この教訓を糧としてさらに成長していきたいと思うと同時に、後に続く後輩が同じ失敗をすることがないように、自分の経験から得られた学びを伝えて行けたらと思います。
―これからの目標は?
当社の製品「勤務表プロ」はさまざまな業種業態の勤務体系に合わせた最適な勤務体制を構築するソフトウェア製品。取引先は、医療・福祉分野から公共施設、運輸業、製造業、サービス業、流通・小売り業までと幅広く、提供する製品やサービスは競合が少ない上、今後もさまざまな分野での利用拡大が見込める非常に将来性の高いものです。
私は、こうした利点を武器に、経験値を上げながら営業から設計までを手際よくできるようになることを当面の目標にしています。
社会に必要な付加価値の高い製品ではありますが、独自のアイデアを生かしながら、より一層お客様のためになるような提案や製品作りをしていきたい。また、各担当者がそれぞれ個々に持っているノウハウを共有できれば、さらに組織としての営業力も強化できるので、営業フローの作成やノウハウの体系化など仕組みを作る業務でも役に立ちたいと思います。
―就活生にアドバイスをお願いします。
入社後の教育体制やどんな仕事に取り組めるかといったことを、入社前に具体的に示してくれる企業の方が入社してからのギャップが少ないように思います。私自身は、ニーズのないものを売り込むような営業は絶対にしたくないと思っていたので、その会社の扱っている製品やサービスに愛着を持てるか、市場ニーズに応えるものであるかどうかというところも就職先を決める上では大きなポイントになりました。
大手を選ぶメリット、べンチャー企業を選ぶメリットはそれぞれあるとは思いますが、まずは、その会社の企業理念と社風が自分に合うかどうかをしっかり見極めることが大切ですね。